反語文における<指示詞の使用> -「コンナ,ソンナ,アンナ」の分析を中心に-
분야
어문학 > 일어일문학
저자
김수진
발행기관
한국일본언어문화학회
간행물정보
일본언어문화 2012년, 제22권 65~81쪽(총17쪽)
파일형식
1b900507.pdf [무료 PDF 뷰어 다운로드]
  • ※ 본 자료는 참고용 논문으로 수정 및 텍스트 복사가 되지 않습니다.
  • 구매가격
    4,700원
    적립금
    141원 (구매자료 3% 적립)
    이메일 발송  스크랩 하기
    자료 다운로드  네이버 로그인
    영문초록
    本稿は、反語文におけるレトリカルな文法?置の中で<指示詞の使用>に焦点を當て、日本語の疑問型反語文を對象に<指示詞の使用>というレトリックを考察したものである。カ-ド化したデ-タ(873例)の指示詞分布は「コ系列(9%)-ソ系列(29.8%)-ア系列(5.5%)」の順で、「ソ系列」の使用頻度が高いことが確認できた。なお、一般會話文とは違って反語文にはいろいろな指示詞の中でも「コンナ·ソンナ·アンナ」の使用が多く、そこには話し手のマイナス評價が讀み取れやすいことも確認することができた。實例分析を通しては、「コンナ·ソンナ·アンナ」が規定する名詞と「コンナ·ソンナ·アンナ」と共起して名詞を規定する形容詞(相當表現)から、<指示詞の使用>というレトリックが話し手のマイナス評價を전達するのに深いかかわりを持っていることが分かった。結局、<指示詞の使用>は反語文獨特のレトリカルな文法?置の一つであり、話し手の主?的な態度を表すために用いられるレトリックであることが明確になった。
    사업자등록번호 220-87-87785 대표.신현웅 주소.서울시 서초구 방배로10길 18, 402호 대표전화.070-8809-9397
    개인정보책임자.박정아 통신판매업신고번호 제2017-서울서초-1765호 이메일 help@reportshop.co.kr
    copyright (c) 2009 happynlife. steel All reserved.