名詞に接續する「さき」の意味と機能
분야
어문학 > 일어일문학
저자
방윤형
발행기관
한국일본언어문화학회
간행물정보
일본언어문화 2012년, 제22권 171~185쪽(총15쪽)
파일형식
1b900512.pdf [무료 PDF 뷰어 다운로드]
  • ※ 본 자료는 참고용 논문으로 수정 및 텍스트 복사가 되지 않습니다.
  • 구매가격
    4,500원
    적립금
    135원 (구매자료 3% 적립)
    이메일 발송  스크랩 하기
    자료 다운로드  네이버 로그인
    영문초록
    本稿は名詞に接續する「さき」の意味と機能について分析·考察したものである。その結果は以下のようにまとめられる。現代日本語の名詞に接續する「さき」は大きく次のような3つの場合に分けることができる。①部分を表す場合は「Nのさき」は基本的に前接名詞の突き出た部分を表し、形式名詞として機能する。②前方を表す場合は基本的に前接名詞を基準にして前の方向を表す。基本的には形式名詞の機能を果たすが、ニ格の發達が著しい。③時間を表す場合は基本的に前接名詞の事柄が行われる後續時間を表す。基本的には形式名詞の機能を果たすが、ヲ格の發達が著しい。以上のことを結論的に整理すると次のようになる。第一に、「Nのさき」の「さき」は、部分·前方·時間といった3つの意味を持っている。第二に、「Nのさき」の「さき」は基本的に形式名詞として機能するが、前方と時間の意味を表す場合は今後後置詞化する可能性がある。この点は前方や時間の意味を表す場合は特定の格が發達していることが裏付ける。第三に、「さき」に前接するNのタイプと述語のタイプは「Nのさき」全?の意味と機能に關係している。
    사업자등록번호 220-87-87785 대표.신현웅 주소.서울시 서초구 방배로10길 18, 402호 대표전화.070-8809-9397
    개인정보책임자.박정아 통신판매업신고번호 제2017-서울서초-1765호 이메일 help@reportshop.co.kr
    copyright (c) 2009 happynlife. steel All reserved.