韓,日の誘い行動における交涉 -友人間の會話を用いて-
분야
어문학 > 일어일문학
저자
정영미
발행기관
한국일본언어문화학회
간행물정보
일본언어문화 2012년, 제22권 391~409쪽(총19쪽)
파일형식
1b900523.pdf [무료 PDF 뷰어 다운로드]
  • ※ 본 자료는 참고용 논문으로 수정 및 텍스트 복사가 되지 않습니다.
  • 구매가격
    4,900원
    적립금
    147원 (구매자료 3% 적립)
    이메일 발송  스크랩 하기
    자료 다운로드  네이버 로그인
    영문초록
    本稿は韓日の誘い行動における交涉の特徵を明らかにすることを試みたものである。會話デ-タは親しい友人關係の女子大學生間で行われたもので、誘い內容に對する負?の度合いを少ないものに條件統制して收集した(韓國語12會話、日本語12會話)。韓國語では12會話から計26種類の誘い行動が抽出でき、日本語では12會話から計17種類の誘い行動が抽出できた。誘いはすべて受諾を得たものである。各誘い行動で行われた交涉を交涉の對象となる事柄ごとに區別して抽出すると、韓國語では計27回の交涉が起り、日本語では計46回の交涉が起っていた。更に、各交涉を話し合いの末一連の意思決定に至っているか、意思決定に至っていないかに分け、前者を<決定>、後者を<保留>に分類した。その結果、韓國語では計27回の交涉で<決定>(24回)が約90%、<保留>(3回)が約10%を占めていた。一方、日本語では<決定>(24回)と<保留>(22回)がほぼ半半の割合を占めていた。また、交涉での提案は、韓國語では「具?的な提案→同意」のように行われる傾向が强いが、日本語では「大まかな提案→同意→具?的な提案→同意」のように行われる傾向が强いことが分かった。以上の結果から、韓國語では<具?的な提案→同意>を繰り返しながら、一回の交涉において合意点を導き出そうとする傾向があるが、日本語では<大まかな提案→同意→具?的な提案→同意>が順次に起り、交涉と交涉の間に交涉對象とは關與性の低い話題の揷入が起る傾向のあることが明らかになった。
    사업자등록번호 220-87-87785 대표.신현웅 주소.서울시 서초구 방배로10길 18, 402호 대표전화.070-8809-9397
    개인정보책임자.박정아 통신판매업신고번호 제2017-서울서초-1765호 이메일 help@reportshop.co.kr
    copyright (c) 2009 happynlife. steel All reserved.