의태어,의음어에 관한 연구 -『あひひき』를 대상으로-
분야
어문학 > 일어일문학
저자
탁성숙
발행기관
한국일본언어문화학회
간행물정보
일본언어문화 2012년, 제22권 411~429쪽(총19쪽)
파일형식
1b900524.pdf [무료 PDF 뷰어 다운로드]
  • ※ 본 자료는 참고용 논문으로 수정 및 텍스트 복사가 되지 않습니다.
  • 구매가격
    4,900원
    적립금
    147원 (구매자료 3% 적립)
    이메일 발송  스크랩 하기
    자료 다운로드  네이버 로그인
    영문초록
    二葉亭四迷は言文一致に努めた作家である。二葉の?譯作品のひとつである あひひき あらわれる擬音語·擬態語について考察を行った。 あひひき には初譯の原稿と改譯の原稿が存在している。初譯と改譯には約8年の時間差がある。この8年という時間差は、この作品に多樣な變化をもたらしていることが予想される。で、樣樣な表現要素の中から、日本語固有の語彙である擬音語·擬態語にはどのような變化が起っているかについて考察した。その結果、まず、出現數は初譯に比べ改譯の方で9つの增加がある。そして、形態の面では反復形、「-つ形」「-り形」の順で採擇され、文法的な面も共通している。しかし、文字選擇の面においては大きな變化がみえる。初譯においては、擬音語·擬態語の表記には平?名と片?名が中心で、片?名の方が最も多用されている。それに比べ、改譯においては漢字の增加が甚だしい。また、片?名文字の退出が見られる。今日の擬音語·擬態語の表記傾向とは異なる現象である。ここで二つの疑問が浮かぶ。一つは、擬音語·擬態語は日本語固有の言葉であるのに、わざわざ漢字を採擇したことであり、もう一つは、言文一致の努力は、文字の面においてはどのような配慮がなされていたかの問題である。ロシア語で書かれた原文を日本語譯するに至って、擬音語·擬態語を使い、表現しようとした作家二葉亭四迷は言文一致が念頭にあったと思われる。ところが、日本語固有の言葉である擬音語·擬態語をわざわざ漢字を用い表現したということは、いまだ言文一致へ向かっていく過程にあったことの現れではなかろうか。
    사업자등록번호 220-87-87785 대표.신현웅 주소.서울시 서초구 방배로10길 18, 402호 대표전화.070-8809-9397
    개인정보책임자.박정아 통신판매업신고번호 제2017-서울서초-1765호 이메일 help@reportshop.co.kr
    copyright (c) 2009 happynlife. steel All reserved.