오사(五四)시기 “과학(科學)과 인생관(人生觀)” 논전(論戰)과 과학주의재론(科學主義再論)
분야
인문과학 > 동양사
저자
안대옥
발행기관
중국사학회
간행물정보
중국사연구 2012년, 제80권 169~201페이지(총33페이지)
파일형식
07201234.pdf [무료 PDF 뷰어 다운로드]
  • ※ 본 자료는 참고용 논문으로 수정 및 텍스트 복사가 되지 않습니다.
  • 구매가격
    7,300원
    적립금
    219원 (구매자료 3% 적립)
    이메일 발송  스크랩 하기
    자료 다운로드  네이버 로그인
    영문초록
    アヘン戰爭以後の中國近代史の一つの課題として、いかに西洋科學を 受容するかをめぐる問題がある。確かに洋務運動いらい、科學は、中國 の生存のための强力な武器として受け入れられた。いわゆる科學救國論 の流行である。だが細かく見れば、その時代ごとに、科學という槪念 のもつ含意は、幾度も變化してきたことも事實である。具體的に言え ば、中國における科學の地位は、洋器を製造する器用の次元より、科 學の制度化を經て、民國初に至れば、西洋文化の最も核心的な要素とし て重んじられるようになったのである。 1923年の科學と人生觀論戰は、いわゆる科學救國論に對する深刻 な文明史的挑戰であったことで名高い。だが、この論戰が重要なのは、 むしろその背後に重大な歷史的斷絶が?んでいたからである。したがっ て、論戰で展開された樣樣な哲學的ないし思想的課題の多くは、それ自 體としては歷史的意義を持ち得る問題ではなかったのである。 本稿の目的は、科學と人生觀論戰の分析を通じて、その背景に存在 する、二つの相異なる科學觀、つまり中體西用的科學觀と、思想文化 としての啓蒙科學觀の對立を浮き彫りにし、それを道德を以て科學を 制御する科學觀より、知識を以て道德を統制しようとする科學觀への전 回として位置づけることにある。 さて、科學と人生觀論戰に對する歷史的評倆は、管見の限りでは、 論戰の結果、中國に科學なき科學主義が輕薄に流行ったとする否定的な ものがほとんどである。しかし、本稿では、いわゆる科學主義という槪 念は、かかる論戰の歷史的意義の解明にあまり有效ではないと考える。 また、この論戰には、兩方とも中國には科學がないといった、いわゆ る中國無科學說が背景に存在する。現在の中國科學史の硏究成果から 見てもしかり、淸代の西學中源說の流行から見ても驚くべきイロニ- である。淸末から民國初にかけて行われた、このような知的變奏を追跡 するのは實に興味深い。兩側の科學觀の分析を通じて、かかる知的變奏 がいかなる歷史的脈絡で起きたかを明らかにするのも本稿の目的の一つ である。
    사업자등록번호 220-87-87785 대표.신현웅 주소.서울시 서초구 방배로10길 18, 402호 대표전화.070-8809-9397
    개인정보책임자.박정아 통신판매업신고번호 제2017-서울서초-1765호 이메일 help@reportshop.co.kr
    copyright (c) 2009 happynlife. steel All reserved.