1910년대 재조선 일본인의 출판활동 연구
분야
인문과학 > 동양사
저자
장신
발행기관
동국대학교 일본학연구소
간행물정보
일본학 2012년, 제35권 17~51페이지(총35페이지)
파일형식
45500576.pdf [무료 PDF 뷰어 다운로드]
  • ※ 본 자료는 참고용 논문으로 수정 및 텍스트 복사가 되지 않습니다.
  • 구매가격
    7,500원
    적립금
    225원 (구매자료 3% 적립)
    이메일 발송  스크랩 하기
    자료 다운로드  네이버 로그인
    국문초록
    1910年、日本が朝鮮を統治するようになると當時の在朝日本人の生活にも變化が生じた。"一時とどまる"場所から"子子孫孫定着する"場所になったのである。これに伴い、在朝日本人社會は本國で滿喫できる公共サ一ビスや娛樂、そして敎養を滿たすべく各施設を必要とした。植物園や劇場、圖書館などが建てられ、これにより移民者として生活する事に對する慰勞を受け、故鄕へのなつかしさをなぐさめた。體は故鄕から離れてはいるが、意識的には本國とつなげてくれる何かが必要であった。これと同時に、日本とは生活條件が異なる朝鮮に對する情報も不足していた。「出版」はこの二つを同時に滿たすことのできる有用な手段であった。日本の巨大な出版資本と比較になる程ではなかったが、在朝日本人による出版活動は早くから始められ統治以降さらに盛んになり、1911年から1917年まで約5千冊を超える書籍が出版された。出版物の量だけでなく、朝鮮出版界に於いて日本人が占める割合も增加した。當時の朝鮮の出版を在韓日本人がリ一ドしていた。出版規則やこれに規定されている檢閱は在韓日本人の出版活動に何らの影響を及ぼすに至らなかった。 1910年代の在朝日本人による出版の特徵の一つとしては、一般雜誌と呼ばれる``繼續出版物``の比重が大きかったという点である。1912年と1916年の事例をあげると繼續出版物の割合が80%を超えた。さらに繼續出版物の中でも會社や商品を紹介する情報誌が40%前後を占め、營利を目的とする雜誌は少なかった。朝鮮の讀者層が豊かでなく、日本から送られてくる雜誌と內容をめぐって爭うのは容易な事ではなかった。單行本出版はそのほとんどが朝鮮總督府によって出版された法令.例規集.統計、年報、敎科書などであった。民間に對しても法令集や受驗書籍などの實用書を中心とした出版事業が行なわれた。文芸分野に於いては、日本の近代文學よりも俳句集などが出版された。年年成長したとはいえ、朝鮮で出版された書籍の分野と種類に變化がなかったため、朝鮮の出版市場では移入出版物が大部分を占めていた。新刊の量や廣告の數から見ても朝鮮の出版業者は、日本本國の出版業者の足元にも及ばなかった。在朝日本人による出版社は、日本の移入出版物と爭い生き殘るために朝鮮に合わせた特化書籍を出版するという手段をとった。朝鮮で新しく作成された法令集、朝鮮總督府とその所屬機關に合わせた受驗書籍、朝鮮の歷史、地理、經濟書などがニッチ市場であった。このような壯況にあったため在韓日本人は日本人として備えるべく生活や意識分野の敎養を移入出版物によって滿たした。一般の讀書傾向は本國の日本人と變わる所がなかった。
    사업자등록번호 220-87-87785 대표.신현웅 주소.서울시 서초구 방배로10길 18, 402호 대표전화.070-8809-9397
    개인정보책임자.박정아 통신판매업신고번호 제2017-서울서초-1765호 이메일 help@reportshop.co.kr
    copyright (c) 2009 happynlife. steel All reserved.