노(能)에서의 요시쓰네(義經) 전설 수용 ―〈에보시오리(烏帽子折)〉의 인물상을 중심으로―
분야
어문학 > 일어일문학
저자
이윤지
발행기관
고려대학교 글로벌일본연구원 (구 고려대학교 일본연구센터)
간행물정보
일본연구 2012년, 제18권 203~226페이지(총24페이지)
파일형식
2e800310.pdf [무료 PDF 뷰어 다운로드]
  • ※ 본 자료는 참고용 논문으로 수정 및 텍스트 복사가 되지 않습니다.
  • 구매가격
    6,400원
    적립금
    192원 (구매자료 3% 적립)
    이메일 발송  스크랩 하기
    자료 다운로드  네이버 로그인
    국문초록
    源義經は、その活躍の鮮烈さと不遇の晩年、悲劇的な最期から、古くから多くの人氣を集め、日本史上最も有名な英雄の一人に數えられる。その謎に包まれた生涯は世人の興味を 引き、樣□な傳說、物語を産んだ。古くは 『平家物語』などの一連の軍記物で形象化され、室町時代の 『義經記』で極端な傳說化の頂點に達して、さらにはそこから枝分かれする樣に色□ な物語が派生して、能や幸若舞、淨瑠璃、歌舞伎などで「判官物」といわれる芸能が多數生まれるに至った。本稿では、一連の判官物の中で、牛若丸から源九郞判官義經への門出を描いた作品として注目すべき能〈烏帽子折〉を中心に、周邊の文芸との交涉に留意しつつ、その人物像を具體的に把握していきたい。同樣のエピソ□ドは、『義經記』では卷第二「鏡の宿吉次が宿に强盜の入る事」と「遮那王殿元服の事」に記され、語り物では幸若舞「烏帽子折」として作品化されている。しかし、この三つの作品の先後關係については不明な點が多く、要するに現存テキストより一段階前における、それぞれの錯綜した關係において考える必要がある。もともと義經の生涯には謎が多く、それだけに數□の傳承が語り傳えられ、それが日本人一般の中にある義經像を作り出したと言える。『義經記』や幸若舞「烏帽子折」を參照しながら、能〈烏帽子折〉の前場に現れる烏帽子折の亭主と、後場の熊阪長範、そして實質的な主役と言える牛若丸のキャラクタ□について考察し、義經傳說が文芸を媒體として擴散していく過程を檢討してみたいと思う。
    사업자등록번호 220-87-87785 대표.신현웅 주소.서울시 서초구 방배로10길 18, 402호 대표전화.070-8809-9397
    개인정보책임자.박정아 통신판매업신고번호 제2017-서울서초-1765호 이메일 help@reportshop.co.kr
    copyright (c) 2009 happynlife. steel All reserved.