監査役制度の?遷と經緯について -日本での慣習を踏まえて-
분야
사회과학 > 법학
저자
井上貴也
발행기관
한양대학교 법학연구소
간행물정보
법학논총 2013년, 제30권 제3호, 11~20페이지(총10페이지)
파일형식
1o300905.pdf [무료 PDF 뷰어 다운로드]
  • ※ 본 자료는 참고용 논문으로 수정 및 텍스트 복사가 되지 않습니다.
  • 구매가격
    4,500원
    적립금
    135원 (구매자료 3% 적립)
    이메일 발송  스크랩 하기
    자료 다운로드  네이버 로그인
    국문초록
    日本では、1950年に商法改正が行われ、アメリカ法の制度に倣い、株式會社の資金調達の容易化、會社機關編成の合理化、株主の地位の强化等が圖られた。1974年、大會社について會計監査の職務權限に加えて、新しく業務監査の職務權限が付?され、會計監査についても會計監査人による監査が强制された。1981年、大會社の監査役の增員手當等、1993年には監査役會制度の導入、社外監査役制度の導入により監査制度の充實が圖られた。しかし、2003年商法特例法改正で「委員會等設置會社に關する特例」が新設され、監査役を置かず、委員會制度および社外取締役制度を基盤とした取締役會による業務執行のいわば一元的監督と執行役による彈力的かつ迅速な業務執行體制を採用された。今回の2011年の改正の議論では、「監査?監督委員會設置會社」制度の導入が檢討された。これは「委員會設置會社」で必要とされる指名委員會と報酬委員會のないタイプの會社であり、取締役の過半數が社外取締役である場合には、取締役の權限を强化できるとする內容のものである。從來 、監査役は業務執行とは獨立した立場から會社の經營をチエックする機關として機能し、權限が强化されてきた側面がある。しかし、ここ最近の改正議論を整理してみると、監査役の機能が社外取締役へと移行しつつあるように思う。これにより、監査役の權限强化のための諸制度の長所が失われる可能性もある。新制度の導入は、日本における監査役制度にとって大きなタ一ニングポイントになる。
    사업자등록번호 220-87-87785 대표.신현웅 주소.서울시 서초구 방배로10길 18, 402호 대표전화.070-8809-9397
    개인정보책임자.박정아 통신판매업신고번호 제2017-서울서초-1765호 이메일 help@reportshop.co.kr
    copyright (c) 2009 happynlife. steel All reserved.