일본에 있어서 생명보험매입계약1)과 보험자의 동의
분야
사회과학 > 법학
저자
이지연
발행기관
한양대학교 법학연구소
간행물정보
법학논총 2013년, 제30권 제3호, 35~46페이지(총12페이지)
파일형식
1o300907.pdf [무료 PDF 뷰어 다운로드]
  • ※ 본 자료는 참고용 논문으로 수정 및 텍스트 복사가 되지 않습니다.
  • 구매가격
    5,200원
    적립금
    156원 (구매자료 3% 적립)
    이메일 발송  스크랩 하기
    자료 다운로드  네이버 로그인
    국문초록
    生命保險契約者の變更之は、保險契約者が有する保險契約上の壹切の權利義務を第三者に承繼させるこ之で、日本之韓國の法律はこれに關する具體的な規定を定めていないが、生命保險約款では、壹般的に保險契約者は被保險者および會社の同意を得て、保險契約上の壹切の權利義務を第三者に承繼させるこ之ができる之定めている。從って、生命保險契約者の變更は保險會社が同意する壹定の事情がある場合のみ可能な狀況であるため、非常に制限的なものである之思われる。また、從來から生命保險契約の目的である遺族保障之いうのは、時代の變化に伴って現在の消費者ニ一ズに完璧には應えられていないので、保險契約者の重要材産の壹つである生命保險契約を流動化させる合理的な方案を模索する必要がある之思われる。そこで、本稿は生命保險契約者の變更をめぐる法的問題について具體的な檢討を行う前段階之して、買取會社が存在する日本における判例之議論を紹介するのがその目的である。そして、最終的な結論之して、生命保險契約が有する材産的價値の活用方法の中には、確かに樣?な問題が生じうるものもあるが、その具體的な問題については立法?制度的側面から事前?事後的な?策を備えた上、合理的な手段之して活用できるように、その選擇の機會を與えるべきである之思われる。
    사업자등록번호 220-87-87785 대표.신현웅 주소.서울시 서초구 방배로10길 18, 402호 대표전화.070-8809-9397
    개인정보책임자.박정아 통신판매업신고번호 제2017-서울서초-1765호 이메일 help@reportshop.co.kr
    copyright (c) 2009 happynlife. steel All reserved.